2010年07月30日

まりたん英語のドリルF*CK編 「マンガとCDで学ぶ、大人のためのファッキン英語」

まりたん 英語のドリル F*CK編 超下品英会話学習ドリル「まりたん 英語のドリル F*CK編」【AA】がアキバでは29日に発売になった。書籍情報によると『fuckにポイントを絞り、より実践的に罵倒系英語を学ぶため「fuck」、「fuck you」、「fucker」、「fucking」の各項目ごとに、用法・正しい使い方を解説』みたいで、オビ謳い文句が『ただしい「ファック」していますか?』とのこと。

超下品英会話学習ドリル「まりたん 英語のドリル F*CK編」【AA】発売
「マンガとCDで学ぶ、大人のためのファッキン英語」

「ドラマCDつき!あなたのミミまでFUCKしちゃうyほ!」
出演:徳永愛さん・野中藍さん・川澄綾子さん・金田朋子さん・門脇舞以さん・中田譲治氏ら

Fuck= ヤる、(相手に)突っ込む、ぶち込む。主語(行為者)による一方的行為の意味を含む
「だからFuckには、相手をののしり、傷めつけるの意味が生まれる」

超下品英会話学習ドリル「まりたん 英語のドリル F*CK編」【AA】がアキバでは29日に発売になった。

書籍情報によると『fuckにポイントを絞り、より実践的に罵倒系英語を学ぶため「fuck」、「fuck you」、「fucker」、「fucking」の各項目ごとに、その用法・正しい使い方を解説』するものみたいで、表紙・オビ謳い文句が『ただしい「ファック」していますか?』、『Fuckの正しい用法を、コミックとヒアリングCDで学べる“非”実用的英会話ドリル』、『マンガとCDで学ぶ、大人のためのファッキン英語』などなど。

『ぴくせる☆まりたん』とは、軍隊スラング英語を中心に、教科書では教えてくれない「超下品英会話」を、主人公の魔法少女の海兵隊員・まりたんが吐きまくる、英語学習コミック。より実践的に罵倒系英語を学ぶため、テーマ別の構成の全19レッスン(コミック)に加え、人気声優陣による4つの復習ミニドラマCDを付属。コミック&ヒアリングCDで反復した英語学習が可能となった。
萌えキャラが軍隊スラング英語でののしる!「ぴくせる☆まりたん」 - Yahoo!ニュース

なお、「まりたん 英語のドリル F*CK編」【AA】に収録しているのは、Fuck」がなぜ万能罵り言葉になるかについてから始まり(Fuck= ヤる、(相手に)突っ込む、ぶち込む。主語(行為者)による一方的行為の意味を含む)、「Fuck」「fuck you」、「fucker」、「fucking」を、例文とともにその使い方・意味・ポイントを解説しドラマCD付き。まりたん日記7/23更新分では『やっぱり、見どころは充実した…ふ…ファックの解説かしらね』『そもそも「Fuck」とは、どのような意味をもち、どうして罵り言葉になったのか!?この一冊で、すべてわかってしまうぞ!』などとしている。

魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん 公式サイト  / 「まりたん 英語のドリル F*CK編」書籍情報

Fuckの例文
使い方・意味・ポイント解説
「クソ溜めに
叩き込まれちまった!」
さらにいろいろなFuck
「Fucker」とは 「おまえのナニは
かわいいな!」
「fucking」とは


【関連記事】
Twitpic:「まりたん 英語のドリル F*UCK編」のサイン会告知。徳永愛さんと門脇舞以さん
鬼軍曹にシゴかれる「軍曹喫茶」 サー!イエッサー!
まりたん集中ドリル かいへい3ねんせいよう 「マスかきやめ!」
アメリカ海兵隊の下品英語本 「アメリカ人に言うと、確実にボコられるか殺される」
まりたんと話そうF・●・C・K発売記念 門脇舞以さんの「人道支援」
まりたんと話そうF・●・C・K 「あの声優さんが言葉責め!?」
まりたん集中ドリル2ねんせい発売 「耳で学んで ケツで感じる」CD付き
まりたん集中ドリル2ねんせい 「うちに来て妹とファックしていい」
堀江由衣さん出演辞退の「まりたん集中ドリル2ねんせい」 案内POP
クソの役にも立たない英単語コミック集「ぴくせる☆まりたん 集中ドリル」発売
魔法の海兵隊員 ぴくせる☆まりたん 別冊化「ケツに奇跡をつっこんであげる!」

【関連リンク】
ホビージャパン
魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん 公式サイト
「まりたん 英語のドリル F*CK編」書籍情報
うじ虫さんたち、いよいよ『まりたん英語のドリル F*CK編』 発売なのよ!
やっぱり、見どころは充実した…ふ…『ファック』の解説かしらね
店舗特典情報だ!今回は豪華にシューティングゲームが付属してしまうぞ
【コラム・ネタ・お知らせ】 本格的FUCK辞典「まりたん英語のドリルF*CK編」
魔法の海兵隊員ぴくせる☆まりたん - Wikipedia
イラスト:ヒライユキオ氏のホームページ「核弾頭HP」


この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています | Edit