2014年02月04日

サークル妄想をトランクに詰めて 「AV女優とAV男優が同居する話」

サークル妄想をトランクに詰めて 「AV女優とAV男優が同居する話」 サークル妄想をトランクに詰めてのコミティア107新刊、オリジナル同人誌『AV女優とAV男優が同居する話。』が、メロン秋葉原1号店に3日に入荷した。メロン通販の紹介は『AV女優&男優共同生活ストーリー漫画!』、『仕事と恋愛。心と身体。少しだけ特殊な世界で生きる二人が互いの心の在処を探す、珠玉の物語』になってる。

サークル妄想をトランクに詰めてのオリジナル同人誌
「AV女優とAV男優が同居する話。」

「柊梓 AV女優です」 「…館石大地 同じくAV男優です」

「カメラ回ってない所で金にならないセックスしてどーすんの
どうせやるんだったら…カメラの前でやった方がよっぽど面白いわ」

サークル妄想をトランクに詰めてのコミティア107新刊『AV女優とAV男優が同居する話。』が、メロンブックス秋葉原1号店に3日に入荷した。

同人誌『AV女優とAV男優が同居する話。』は、不動産トラブルから部屋を追い出されたAV女優・柊梓と、事務所の借りている部屋で初対面の彼女とルームシェアすることになったAV男優・館石大地がルームシェアすることになるお話で、料理を教えてたり、一緒にラーメン食べに行ってたり、AV男優がAV女優に告白していたり、AVに恋人設定で共演させられ初エッチを撮られてる

AV女優のヒロインは『(AV女優をしている理由は)セックスが好きでお金の入りが大きいから』、『カメラ回ってない所で金にならないセックスしてどーすんの どうせやるんだったら…カメラの前でやった方がよっぽど面白いわ』とも言ってるけど、いざ実際に撮影でセックスするとなると・・・という展開で、メロン通販の紹介は『AV女優&男優共同生活ストーリー漫画!』、『仕事と恋愛。心と身体。少しだけ特殊な世界で生きる二人が互いの心の在処を探す、珠玉の物語をご堪能下さい』になっている。

なお、同人誌『AV女優とAV男優が同居する話。』のあとがきで、サークル妄想をトランクに詰めて時計氏は『この業界の知識はちゃんとしてないので、色々つっこみどころがあると思いますがそれには目を瞑ってやってください』、『少しでも楽しんで頂けたなら幸いです。またお会い出来たら嬉しく思います』などを書かれている。

サークル妄想をトランクに詰めて / メロン通販「AV女優とAV男優が同居する話。」

「こっち側が俺、そっち側がアンタ…でいいかな」
「カメラ回ってない所でセックスしてどーすんの」
「なんで女優やってんの?」
「セックスが好きでお金の入りが大きいから」
「…え…今日の…きいてたのと…ちが…」
「…どうしよう、なんにも面白く無い」
「もっとまともに始まれたかもしれないのにね」


【関連記事】
LINDA 「ウラ女子〜アイドル志望女子の場合〜」 人気でない→過激水着→枕営業→AV
ガルパン同人誌 「AV出演、頑張ります! 男子の上でも超信地旋回しちゃった?」
サークル関西オレンジ 寧々さんネトラレ同人誌完結編。ハメ撮り中出しAVに出演
童貞喪失インタビュー同人誌 This is not a lovesong
胃之上奇嘉郎のシュタゲ同人誌 「濃厚セックスに大興奮の萌郁極上エロス」
あの夏同人誌「初撮りイチカ」 映画撮影資金の為、イチカがAV出演

【関連リンク】
サークル妄想をトランクに詰めて / Twitter / pixiv / pixiv(男性向け)
COMITIA107新刊サンプル(pixiv)
メロンブックス通販「AV女優とAV男優が同居する話。」

AV女優 - Wikipedia
AV男優 - Wikipedia
AV女優とAV男優ではどちらのほうが大変だと思いますか?
AV女優や風俗嬢の方は恋愛や結婚において後ろめたさはないのですか?

【コミティア107関連リンク】
COMITIA
COMITIA事務所blog / COMITIA実行委員会Twitter
COMITIA - Wikipedia
タグ「コミティア107」の人気イラスト(pixiv)
会場の熱気のせいだけではない、暑さがありましたね
1200サークルぐらいだったのが、もう5倍近く増えてきているのが凄いです
冬コミから間が無い事も有りいつものサークルさんも半分ぐらい不参加か既刊のみ
今回はこれといった大手の参加はなかったはず。淡々と進行したコミティアだったな
ここ最近、参加者は増加傾向だったとは思いますが、今回は特にそう感じたというか
だいぶ規模が大きくなってきた感じ 一巡りするのに2時間ほど掛かりました
一般では売られていない個性的で面白い漫画が多い
中々いいイベント日和でしたのだ 冬コミの片付けに弾みがつくというもの
メチャクチャ人が並んでた。いつも10分くらいで会場内に入れる20分ちょっとかかる



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています | Edit