2020年08月19日

葬送のフリーレン1巻 「物語は“冒険の終わり”から始まる。後日譚ファンタジー!」

原作:山田鐘人&作画:アベツカサ「葬送のフリーレン」1巻 原作:山田鐘人氏&作画:アベツカサ氏のコミックス「葬送のフリーレン」1巻【AA】が18日に発売になった。オビ謳い文句は『魔王を倒した勇者一行の“その後”』で、裏表紙は『物語は“冒険の終わり”から始まる。英雄たちの“生き様”を紡ぐ後日譚(アフター)ファンタジー!』になってた。

魔王を倒した勇者パーティーのその後「葬送のフリーレン」1巻
原作:山田鐘人氏&作画:アベツカサ氏「葬送のフリーレン」1巻【AA】発売
「魔王を倒した勇者一行の“その後”」

「よくぞ魔王を打ち倒した。これで世界に平和な時代が訪れよう」
「勇者ヒンメル。戦士アイゼン。僧侶ハイター。魔法使いフリーレン。
よくぞ魔王を打ち倒した。これで世界に平和な時代が訪れよう」

「短い間だったけどね」 「短い?何を言ってるんだ?10年だぞ」
パーティ内でただ1人エルフの魔法使い・フリーレン(右)
「短い間だったけどね」 「短い?何を言ってるんだ?10年だぞ」

「ヒンメル…老いぼれてる…」
魔王を倒して50年後。再開したフリーレンとヒンメル
「ヒンメル…老いぼれてる…」 「歳をとった僕もなかなかイケメンだろう?」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
とらのあな秋葉原店A

原作:山田鐘人氏&作画:アベツカサ氏が、週刊少年サンデーで連載されているコミックス「葬送のフリーレン」1巻【AA】が18日に発売になった。

『葬送のフリーレン』は、コミックナタリーによると『魔王を倒した勇者一行の“その後”を描く物語。勇者のヒンメル、戦士のアイゼン、僧侶のハイター、魔法使いのフリーレンはともに世界を救ったパーティであるが、エルフのフリーレンはほかの3人と異なる部分があった。彼女が“その後”の世界で感じることとは…』というお話で、作画:アベツカサ氏がTwitterに投稿された第1話&第2話は、2020年8月19日時点で2.9万RT&6.6万いいねされている。

今回発売になった「葬送のフリーレン」1巻【AA】には第1話〜第7話を収録し、折込チラシは『魔王を倒して、勇者達の物語は幕を閉じる。――というわけではない』で、オビ謳い文句は『魔王を倒した勇者一行の“その後”。魔法使いフリーレンの人生を、生きとし死せる全ての人たちへ捧ぐ』になってた。

魔法使いフリーレンはエルフであり、旅をした3人とは違う部分があります。彼女が“後”の世界で生きること、感じること。そして、残った者たちが紡ぐ、葬送と祈りとは――物語は“冒険の終わり”から始まる。英雄たちの“生き様”を物語る、後日譚(アフター)ファンタジー! 裏表紙

なお、「葬送のフリーレン」1巻【AA】の感想には、フラン☆Skinさん『面白いです。派手さはなく、どちらかというと地味なテーマなんですが、骨太な面白さがあるんですよね』、ケツノアナシスさん『時間の経過による人やモノの移り変わりが丁寧に描かれてて好き』、alanさん『使い古された設定で淡々とした台詞回しなのに、エルフと人間の時間感覚の違いをうまく切り取っている』、がなりもさん『たった1巻とは思えないほど引き込まれた。世界観もキャラも絵も全部良い』などがある。

「葬送のフリーレン」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)

「僕はね、全員が揃うこの日を待ち望んでいたんだ。
ありがとうフリーレン。君のおかげで最後にとても楽しい冒険ができた」

「…人間の寿命は短いってわかっていたのに…
…なんでもっと知ろうと思わなかったんだろう…」

ヒンメルが亡くなってから20年後、僧侶ハイターの家を訪れたフリーレン
「まだ生きてたんだ生臭坊主」 「格好良く死ぬのも難しいものですな」

「ではひとつ頼み事を。弟子を取りませんか」
「一人で生きていく術を身に付けることが、私の恩返しなのです」
「私はただしてやられただけだよ。この生臭坊主に」
〈ヒンメルの死から26年後。中央諸国ターク地方〉
「自業自得だね。目立ちたがり屋のヒンメルが悪い」
「久しいのうフリーレン。何年経った?」「80年」


【関連記事】
名無しは一体誰でしょう?1巻 「謎と記憶を巡る物語…新機軸ミステリー!!」
山田鐘人のニュース - アキバBlog

コミカライズ 昔勇者で今は骨1巻 「復活勇者はスケルトン!?お気楽ファンタジー!」
Lv1魔王とワンルーム勇者1巻 「腐ってしまった勇者と幼い魔王の異世界ファンタジー」
コミカライズ復讐を希う最強勇者は闇の力で殲滅無双する1巻 「残虐を極めた復讐無双」
異世界帰りの勇者が現代最強!1巻 「異世界帰りの最強勇者と、異能美少女たち」

【関連リンク】
小学館 / 週刊少年サンデー / Twitter
「葬送のフリーレン」1巻コミックス情報 / 作品情報(試し読みあり)
サンデーうぇぶり「葬送のフリーレン」掲載ページ / ニコニコ静画
作画:アベツカサ氏のTwitter
1巻発売しました!よろしくお願いします!
勇者の死後も生き続ける、エルフの魔法使い。1/18
物語の始まりは冒険の終わりから、勇者一行の"その後"を描く「葬送のフリーレン」
葬送のフリーレン:コミックス第1巻が100万部突破 アニメ人気で度重なる重版(2023/12)

【感想リンク】
読み始めてまず思うのは、1話のクオリティが非常に高い
魔王を倒した後の世界、不老長寿の魔法使いが抱いた思いとは?
魔王を倒してから始まる物語は、後悔のない生き方を教えてくれる
旅でフリーレンが知るもの、気づくものの話
同じ時を過ごしながら 後に残される者が何を思いどう生きるのか
英雄たちの生き様を物語る後日談ファンタジー
ただの日常の一コマでもフリーレンたちの性格も伝わってきます
期待をいささかも裏切らない、素晴らしい作品でした
エルフである魔法使いのフリーレンがもっと人間を知るために魔王を倒した後の世界を旅する
時間の経過による人やモノの移り変わりが丁寧に描かれてて好き
エルフと人間の時間感覚の違いをうまく切り取っている
たった1巻とは思えないほど引き込まれた。世界観もキャラも絵も全部良い
ずっと作品の空気を通底し続けるエルフとヒトとの別れの予感
週刊誌でこんなじっくり読ませる話に出会えるとは……面白かった
久々に頭から読んだけどやはり良い…
長命種族が背負うものに向き合ってて今後も楽しみ
猛烈に好き、大好きです
「葬送のフリーレン」1巻 感想・レビュー - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています | Edit