2023年03月06日

サークルでーわぃてーむ 催淫教師2.5 「日に日にエロさが増していく先生」

サークルでーわぃてーむ「催淫教師2.5」 サークルでーわぃてーむ(DYTM氏)のオリジナル同人誌『催淫教師2.5』がメロン秋葉原1号店に入荷してる。サークルさんのコメントは『術のせいで性欲がおさまらず、それに付き合う六郎だったが』で、美人教師・春原あきらが、催眠術によってどんどんエロくなっていく“催淫暴走”を止めようとしているお話。

サークルでーわぃてーむの同人誌「催淫教師2.5」
サークルでーわぃてーむ(DYTM氏)のオリジナル同人誌 「催淫教師2.5」

「(日に日にエロさを増してく先生に、ボクの体の方が持ちそうもありません)」
「(春原先生の妄想につきあって、空になるまで精◯を抜き取られてる毎日です。
日に日にエロさを増してく先生に、ボクの体の方が持ちそうもありません)」

「心のブレーキ、それはすなわち羞恥心」
「心のブレーキ、それはすなわち羞恥心。
この公衆の面前で羞恥心を高めて固定するしか、暴走は止められん」

「視てもらいたがっておる」
「ここも視てもらいたがっておる」

サークルでーわぃてーむ(DYTM氏)のコミティア143新刊・オリジナル同人誌『催淫教師2.5』が、メロン秋葉原1号店に入荷してる。

DYTM氏は、コミックホットミルクなどで描かれ、大人向けコミックス「僕らの潜水性活」も出されているプロの漫画家さんで、サークルでーわぃてーむでは美人課長が部下に催眠術をかけられヤられる「催淫課長」シリーズや、若女将が催眠術師にヤられる「催淫温泉」、美人教師が生徒にヤられる「催淫教師」シリーズなどのオリジナル催淫同人誌を出されている。

シリーズ3作目の『催淫教師2.5』は、サークルさんのコメントによると『六郎の◯◯術でコンプレックスが解消され美人教師として評判になった担任の春原あきら先生。術のせいで性欲がおさまらず、それを表に出さないように妄想に付き合う六郎だったが体力の限界を感じ師匠に助けを求めることに。彼女の暴走を止めるために謎の◯◯術師が立ち上がった!』で、高校生・六原六郎の催眠術によって、美人教師・春原あきらの性欲がおさまらず、どんどんエロくなっていく“催淫暴走”になってしまい、六郎の師匠がそれを止めようとしているお話。

なお、サークルでーわぃてーむDYTM氏は、後書きで『普通に行けば「催淫教師3」にあたる本作ですが、スピンオフ的な意味合いを込めて「2.5」とナンバリングしました。これが次作の前日譚的な位置づけになると思います。というわけで「催淫教師3」もお楽しみに!』などを書かれている。

メロン通販「催淫教師2.5」 / DYTM氏のTwitter

「これも…?」「貴女の羞恥心の顕れじゃ」
「身体の隅々までキレイにしてあげようね」
「(◯内射◯されるたび、快感で気を失いそうに)」
「頑張ってたからイイ子イイ子してあげる♥」
「キモチいいいいッ搾り取られてミイラになりそうじゃあ」
「あ゛♥ あ゛、あ゛、あ゛ん♥」パンパンパンパンパン




この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています | Edit