2023年03月15日

コミカライズ 神の目覚めのギャラルホルン1巻 「ダメダメスキルが覚醒するとき、少年の運命が加速する!」

原作:真安一&漫画:藤久井コウ「神の目覚めのギャラルホルン」1巻 真安一氏の小説を藤久井コウ氏がコミカライズされている「神の目覚めのギャラルホルン」1巻【AA】がアキバでは14日に発売になった。コミックス情報は『人をすっきり目覚めさせるだけの「外れスキル」を持つリオン』などで、オビ謳い文句は『ダメダメスキルが覚醒するとき、少年の運命が加速する!』だった。

藤久井コウがコミカライズ「神の目覚めのギャラルホルン」1巻
コミカライズ「神の目覚めのギャラルホルン」1巻【AA】発売
「ダメダメスキルが覚醒するとき、少年の運命が加速する!」

「僕の名前はリオン」
「(まだ本当の才能に“目覚めて”なかったところから、お話を始めよう。僕の名前はリオン)」

「朝ですよ―っ」
「朝ですよ―っ!!」
《【スキル:目覚まし】を使用しました。実績(9953回)》

「悪夢を…さましてくれえぇぇ」
「(強さがほしい。優しさだけじゃなく、それを貫く強さがほしい)
悪夢を…さましてくれえぇぇ」
アニメイト秋葉原2号館
ゲーマーズ本店
特典:ブロマイド
メロンブックス秋葉原1号店
特典:イラストカード

真安一氏の小説を藤久井コウ氏がコミカライズされ、コミックノヴァで連載されている「神の目覚めのギャラルホルン〜外れスキル《目覚まし》は、封印解除の能力でした〜」1巻【AA】(キャラクター原案:四季童子氏)が、アキバでは14日に発売になった(公式発売日は15日)。

原作『神の目覚めのギャラルホルン』は、真安一氏が小説家になろうに投稿されていたWEB小説「外れスキル“目覚まし”、実は封印解除の能力でした。落ちこぼれの少年は、眠りからさめた女神達と優しい最強を目指す。」の改題&商業書籍化で、第1巻書籍情報によると『神様から与えられる特別な力〈スキル〉。冒険者を志す少年・リオンは、“外れスキル”と貶される「目覚まし」という能力しか持っていなかった。病弱な妹のために、朝早くから街の人々を起こす仕事をしているのだが、いじわるな貴族・ギデオンに借金を返すだけの日々…。そのとき、外れスキルのはずの「目覚まし」が進化し、「封印解除」が発動した!』から始まるお話。

今回発売になったコミカライズ「神の目覚めのギャラルホルン」1巻【AA】には、第1話から第6話を収録し、オビ謳い文句は『神々の封印を巡る冒険ファンタジー!』、『ダメダメスキルが覚醒するとき、少年の運命が加速する!』だった。

人をすっきり目覚めさせるだけの「外れスキル」を持つリオンは、父の跡を継いで駆け出しの冒険者として初心者向けのダンジョンに潜る毎日を送っていた。その一方で人々に朝を知らせる「起こし屋」として、病弱な妹のために日銭を稼いでいたある日<目覚まし>スキルが成長し、コインに眠っていた太陽の女神の封印を解除!戦闘能力が向上し、さらにあらゆる物質の封印を解けるようになったリオンは、家族のために上位のダンジョンに挑んでいく―― コミックス情報

なお、原作:真安一氏はコミカライズ「神の目覚めのギャラルホルン」1巻【AA】の後書きで『ギルドやダンジョンの様子、精霊の姿など、文字だけではわからない部分も丁寧に描いていただきました。スキルや短剣を用いた戦闘の勢いも、漫画版ならではですね。初めての方も、以前から物語をご存知だった方も、どちらもお楽しみいただければ幸いです』、漫画:藤久井コウ氏後書きでは『素敵な作品のコミカライズに携われていつも楽しく描かせて頂いてます。手に取って下さった皆さんにも楽しんで頂けてたら嬉しいです!』などを書かれている。

「神の目覚めのギャラルホルン」1巻コミックス情報 / 藤久井コウ氏のTwitter

「あなたですか?私を目覚めさせてくれたのは!
はじめまして、わたしはソラーナ、太陽の女神です!」

「やっぱり【目覚まし】が成長してる…!それにスキルが増えてる…?」

《【青水晶の短剣】の封印を解除しました》
「す…すごい…!業物…、いや…それどころじゃない」

「(僕が早くなってるんだ)」
《【スキル:目覚まし】を使用しました。【封印解除】を実行します》
「!スキルが増えてる…!?」
「姿は君にしか見えないようにしようではないか!」
「…ただの石が、精霊石になった…?」
《【封印解除】を実行します》「な、なんだっ?」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています | Edit