2024年03月26日

コミカライズ ゴブリンスレイヤー15巻 「神秘なる森で冷徹なゴブリン退治!」

原作:蝸牛くも&作画:黒瀬浩介「ゴブリンスレイヤー」15巻 蝸牛くも氏のライトノベルを、黒瀬浩介氏がコミカライズされている「ゴブリンスレイヤー」15巻【AA】が25日に発売になり、裏表紙は『牛飼娘や受付嬢と共に森人の里に向かったゴブリンスレイヤー一党は、ゴブリンの襲撃を受ける。神秘なる森でゴブリンスレイヤーによる冷徹なゴブリン退治が始まる!』になってた。

黒瀬浩介がコミカライズ「ゴブリンスレイヤー」15巻
黒瀬浩介氏がコミカライズ「ゴブリンスレイヤー」15巻【AA】発売
「ゴブリンを殺すのは、俺の仕事だ」

「ここが森人の森…?」
「ここが森人(エルフ)の森…?」 「ええ、まだ入り口だけどね」

「(昼日中から群れを成して襲ってくる?)」
「(ゴブリンが昼日中から群れを成して襲ってくる?)」

「ようこそ!」
「ようこそ私の故郷へ!」
アニメイト秋葉原2号館
特典:複製ミニ色紙
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ブックカバー
ゲーマーズ本店
特典:ブックカバー

蝸牛くも氏のライトノベルを黒瀬浩介氏がコミカライズされ、ビッグガンガンで連載中の「ゴブリンスレイヤー」15巻【AA】(キャラクター原案:神奈月昇氏)、が25日に発売になった。

原作『ゴブリンスレイヤー』は、蝸牛くも氏がネット掲示板に投稿されていた作品商業書籍化されたもので、2023年10月にTVアニメ2期放送や、2024年2月29日にSwitch/Steam用ゲームも発売された作品で、コミカライズ版1巻のコミックス情報によると『冒険者になったばかりの女神官は、初めての冒険で、弱小モンスター・ゴブリンの思わぬ脅威にさらされる。そこに現れたのは、「ゴブリンスレイヤー」。男は、無慈悲なまでに淡々とゴブリンを狩り始めていく…』で始まったお話。

今回発売になったコミカライズ「ゴブリンスレイヤー」15巻【AA】には第80話〜第87話と、原作:蝸牛くも氏の書き下ろしSS「間章 野営の時のお話」を収録(目次)し、オビ謳い文句は『ゴブリンを殺すのは、俺の仕事だ』で、作画:黒瀬浩介氏の15巻発売告知は『エルフの森でゾウ(?)と戦ったりジャングルの奥地でゴブリンをスレイしたりします』とのこと。

牛飼娘や受付嬢と共に森人の里に向かったゴブリンスレイヤー一党は、ゴブリンの襲撃を受ける。さらに里を襲う巨獣の背にもゴブリンの姿が…。戸惑う森人たちをよそに、神秘なる森でゴブリンスレイヤーによる冷徹なゴブリン退治が始まる――! 裏表紙

コミカライズ「ゴブリンスレイヤー」15巻【AA】の感想には、吉田直樹さん『毎度ながら楽勝ムードが全くない』、依澄さん『どんなタイプのゴブリンがどれくらいいるのか全然分からない巣に入っていくのワクワクする』、あまちゃんさん『エルフとドワーフとリザードマンの掛け合いがおもしろかった』、漫画の妖精まさふJIさん『長寿種を扱った漫画を複数読んでるけど今回のエルフの言葉は良かったな』、ホシミさん『女性陣の着替えにいつも以上に朴訥とするゴブスレさんも良かった』などがある。

なお、原作:蝸牛くも氏はカバー折り返しで『闇の奥にあるのは地獄だ、地獄だ!黒瀬先生の漫画も…すごいぞ!』、作画:黒瀬浩介氏は『美プラに手を出してしまい積みプラ解消計画は再び凍結されました』などを書かれている

「ゴブリンスレイヤー」15巻コミックス情報 / 作品情報

「確かに井戸水とかよりは温かいかもね、なんでだろ」
「地の底には炎の川が流れているとかいう話は、昔聞いたことがありますけど」

「モケーレ・ムベンベ(川を堰き止めるもの)」

「《竜吼(ドラゴンロアー)》」

「ゴブリンだ。皆殺しにせん道理がない」
「古老どもがいかなる手を打っているのか、まだ読めん」
「心して向かえよ。これから向かうのは闇の奥だ」
「霧が晴れるまでに終わらせるぞ」
「生きながらにして串刺しにされたか、死んでから飾りつけられたか」
「明かりはどうしましょうか」 「中に入るまではつけられん。入れば洞窟と同じだ」


【関連記事】
コミカライズ ゴブリンスレイヤー14巻 「"冒険者訓練場編"完結!そして新章開幕!」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー13巻 「ゴブリンの群れが冒険者訓練場に襲いかかる!」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー12巻 「昇級を目指して女神官を臨時のリーダーに」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー11巻 「雪山編ついに完結&新章・冒険者訓練場編!」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー10巻 「令嬢剣士と共に、一党は小鬼聖騎士の砦へ」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー9巻 「囚われの令嬢剣士を救出せよ!雪山編開幕!」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー8巻 「ゴブリンの軍勢が忍び寄る、収穫祭編!」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー7巻 「“休日”を描く収穫祭編、佳境へ!」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー6巻 「1匹ずつ確実に殺すだけ!小鬼英雄との激闘!」
コミカライズ ゴブリンスレイヤー5巻「いまだかつてない苦戦と死線!小鬼英雄決戦!」
ゴブリンスレイヤー4巻 「どんな状況でもゴブリンを殲滅しか考えない。マジパネっすw」
コミックス ゴブリンスレイヤー3巻 「冒険者達VSゴブリン王軍団クライマックス!」
コミックス ゴブリンスレイヤー2巻 「俺はゴブリンを殺しにきただけだ」
コミックス ゴブリンスレイヤー1巻 「戦慄&凄惨極まる戦闘シーンと容赦ないレ◯プ」

ゴブリンスレイヤー16巻 「王都の裏には――邪悪な灰の気配が広がりつつあった」
ゴブリンスレイヤー15巻 「馬人競争が盛り上がる水の街で、馬人の姫君を探せ――」
ゴブリンスレイヤー14巻 「"北の山の向こう。暗い夜の国"。北方辺境に向かう一党」
ゴブリンスレイヤー13巻 「迷宮探険競技──死の罠の地下迷宮から続く試練」
GA文庫 ゴブリンスレイヤー12巻 「四方世界で紡がれる、十の物語」
ゴブリンスレイヤー11巻 「文化の異なる砂漠の隣国、待ち受ける残虐な罠」
ゴブリンスレイヤー10巻 「闇の仕掛人が暗躍する中、小鬼殺しに手はあるのか!?」
ゴブリンスレイヤー9巻 「包囲された雪の廃村で、牛飼娘を守り、孤軍奮闘する」
GA文庫 ゴブリンスレイヤー8巻「一党が訪れた時に起きる事件は〈宿命〉か〈偶然〉か」
ゴブリンスレイヤー7巻 「ゴブリンとのバトル!巨獣との遭遇!妖精弓手の故郷への旅!」
ゴブリンスレイヤー6巻 「春、ゴブリンだけを退治したいという冒険者が現れた―」
ゴブリンスレイヤー5巻 「何者かに統率されたゴブリンの巣くう古代の砦に挑む!」
ゴブリンスレイヤー4巻 「辺境の街で紡がれる十の物語。ダークファンタジー第4弾!」
ゴブリンスレイヤー3巻 「迫る収穫祭、平穏な日常―。裏で潜むゴブリンとの総力戦!」
ゴブリンスレイヤー2巻 「次なる舞台は地下迷宮。妙にエロい新キャラ、血生臭い戦闘」
GA文庫 ゴブリンスレイヤー1巻 「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」

ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN-発売 「雪に囲まれた砦でゴブリンと激突!」
ゴブリンレ◯プで始まったアニメ「ゴブリンスレイヤー」BD1巻発売
「秋葉原はたいへんゴブリンが多い街です」 ゴブリンスレイヤーお面配布会
イラストレーター&原作者の"ゴブリンスレイヤー"本編ではできない非公式本 「Gob-Sla」
GA文庫 ゴブスレ外伝:イヤーワン 「彼がゴブリンスレイヤーと呼ばれるようになる物語」
前日譚コミカライズ ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン1巻 「出だしからガチレ◯プ!」
ゴブリンスレイヤーのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
スクウェア・エニックス / マガジン&ブックス / ビッグガンガン / Twitter
「ゴブリンスレイヤー」15巻コミックス情報 / 特典情報 / 作品情報(試し読みあり)
ガンガンONLINE「ゴブリンスレイヤー」掲載ページ
エルフの森の奥深く、冷徹なゴブリン退治が始まる!
作画:黒瀬浩介氏のTwitter / YouTube
エルフの森でゾウ(?)と戦ったりジャングルの奥地でゴブリンをスレイしたりします
黒瀬浩介 - Wikipedia
「ゴブリンスレイヤー」15巻が本日発売! 表紙には牛飼娘と受付嬢が登場

GA文庫「ゴブリンスレイヤー」特設ページ / Twitter
キャラクター原案:神奈月昇氏のブログ「Light Of Night」
ゴブリンスレイヤー - Wikipedia
蝸牛くも - Wikipedia
神奈月昇 - Wikipedia

TVアニメ「ゴブリンスレイヤー」公式サイト
アニメ「ゴブリンスレイヤーII」第1弾PV / 第2弾PV - YouTube
ゲーム「ゴブリンスレイヤー -ANOTHER ADVENTURER- NIGHTMARE FEAST 公式サイト
「ANOTHER ADVENTURER〜」PV / PV第2弾 / PV第3弾 - YouTube

【感想リンク】
毎度ながら楽勝ムードが全くない
妖精の里帰り「ゴブリンスレイヤー」15巻
どんなタイプのゴブリンがどれくらいいるのか全然分からない巣に入っていくのワクワク
エルフとドワーフとリザードマンの掛け合いがおもしろかった
今回のエルフの言葉は良かったな
女性陣の着替えにいつも以上に朴訥とするゴブスレさんも良かった
「面白い」んだけど最近少し評価厳しくなってきた感じ
本編にもお風呂回あったんすね
ラストの神官ちゃんの「スッ」が素晴らしい(笑)
モケーレ・ムベンベ出て来て笑った
エルフの古老達はなんか知ってるだろうな
「ゴブリンスレイヤー 」15巻感想・レビュー - 読書メーター



この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています | Edit