2024年04月15日

オハラミサマ 「因習のある村で、男たちのザー◯ンを受け止める美女の艶姿」

サークル花森バンビ「オハラミサマ」 サークル花森バンビ(バビ氏)のオリジナル同人誌『オハラミサマ』がメロン秋葉原1号店に14日に入荷し、メロンブックス通販の紹介は『因習のある村で、オハラミ様として男たちのザー◯ンを受け止める美女の艶姿がエロすぎます!淫猥な因習に高まる、実用性抜群の極上エロストーリー』などになってる。

サークル花森バンビの同人誌「オハラミサマ」
サークル花森バンビのオリジナル同人誌 「オハラミサマ」入荷

メロンブックス秋葉原1号店の「オハラミサマ」
メロンブックス秋葉原1号店

「村の男たちから選ばれた一人の女性はオハラミ様となり――」
《村の男たちから選ばれた一人の女性はオハラミ様となり――、就寝以外の全ての時間を、家を訪れた男との子作りに捧げ、村の男全員の愛の結晶を宿す》

「大事な一言、あるんじゃないかな」
「大事な一言、あるんじゃないかな!これ駆け落ちって言うんだよね!?」
「イヤ、俺はただ…お前が他の男らに好きにされるなんて…ヤダから、絶対…」

「この人で、しちゃうの」
オハラミ様に選ばれた幼馴染
「(この人で、しちゃうの――っ!?“はじめて”っ)い、いやっ…はなしてっ」

サークル花森バンビ(バビ氏)のオリジナル同人誌『オハラミサマ』が、メロンブックス秋葉原1号店に14日に入荷した。

同人誌『オハラミサマ』は、サークルさんの新刊告知によると『今も残る淫習に翻弄される若き幼馴染の男女を描くお話です』とのことで、メロンブックス通販の紹介は『因習のある村で、オハラミ様として男たちのザー◯ンを受け止める美女の艶姿がエロすぎます!淫猥な因習に高まる、実用性抜群の極上エロストーリー』になってる計175P。

オハラミサマ…地方のある村に伝わる習わし。お役目に選ばれた女子は村の男衆全員と子作りに応じなければならない。村の男性全員の寵愛を受ける彼女らは、しかし果たして幸せと言えるのだろうか。幼なじみの男女二人は長い時間をかけて二人の確かな気持ちを共有していた。温もりの中で大切に育まれたその感情は、何気ない日常の中でいよいよ実を結ぼうとする。しかしそれは次代オハラミサマの選定により… FANZA同人

同人誌『オハラミサマ』(電子版)の感想には、JR首都圏さんは『NTRというよりは、もう村社会的な鬱展開で救いはあるのか?って感じ』、つらいさん『こんなに心を揺さぶられるNTR作品は無い 天才』、るーさん『めちゃくちゃエロくて抜けたけど、むちゃくちゃメンタルやられたわ』などがあった。

なお、サークル花森バンビのバビ氏は後書きで『今回なぜここまでのボリュームになったのか。多分風呂敷を大きくしたくなっちゃったからですね。ストーリー仕立てに拘ってみたんです。人間関係や心模様の変化を満足に描こうとするとページ数はどうしてもかさんでしまう。ボコボコ膨らんでいくページ数に想定単価。「こんな値段でこれ本当に売れるのか」と今あとがきを書いていても不安が付きまといます。それにストーリー仕立てというのもリスクは大きいかなと』、『それら二重苦をおして、なぜこの企画を進めたかというと、やりたかったからに他なりません。思いついた設定を元に存分に、できる限りの物語を展開してみたかった』などを書かれている。

サークル花森バンビ / メロン通販「オハラミサマ」(専売)

「ふぅ♥ ん゙っ♥(キモチよく――)」
びゅるるる「(射◯しながら揺するタイプなんだ♥)」
「(好きなコのマ◯コは格別ぅ…)」どぴゅっ♥
「(きたぁぁ♥)」「JKに遠慮なし◯内射◯っ!!」
「(これが、村の全男性を受け入れるメスとしての顔…)」
「(コウちゃんの前で…こんなカッコ…っ)」ズンッ




この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています | Edit