2024年04月17日

国境の勇者エコー2巻 「エルフの勇者は使命(魔王討伐)の旅すら楽しみ尽くす!」

南ゴゼン「国境の勇者エコー」2巻 南ゴゼン氏のコミックス「国境の勇者エコー」2巻【AA】が、アキバでは16日に発売になった。裏表紙は『吟遊詩人とトロール退治。幽霊屋敷でドッキリ事件!?強大な魔術師協会の襲撃!』で、オビ謳い文句は『好奇心満点なエルフの勇者は使命(魔王討伐)の旅すら楽しみ尽くす!』になってた。

南ゴゼンの漫画「国境の勇者エコー」2巻
南ゴゼン氏のコミックス「国境の勇者エコー」2巻【AA】発売
「好奇心満点なエルフの勇者は使命(魔王討伐)の旅すら楽しみ尽くす!」

「うわああああ」
エルフの勇者エコーと。オークの戦士ドーベル
「うわああああ、ああああああ!」

「戦うしかないようです」
「戦うしかないようです」

「絶対にこの円から出るなよ?」
「オマエらは絶対にこの円から出るなよ?」
アニメイト秋葉原2号館
メロンブックス秋葉原1号店
特典:ミニ色紙風カード
ゲーマーズ本店

南ゴゼン氏がアルファポリスで連載されているコミックス「国境の勇者エコー」2巻【AA】が、アキバでは16日に発売になった。

『国境の勇者エコー』は、連載開始時の南ゴゼン氏の告知によると『過去にコミティアにて発表した「はぐれ勇者の宿泊録」(※サークルハイッテル)という漫画を連載用にバキバキに叩き直したもので、好奇心旺盛で、ややフワフワ危なっかしい女勇者と、真面目系コワモテ巨漢の鉄鎧が主人公の、王道ファンタジーもの』という作品(2巻巻頭の登場人物あらすじ)。

今回発売になったコミックス「国境の勇者エコー」2巻【AA】には第7話〜第12話を収録し、裏表紙は『吟遊詩人とトロール退治。幽霊屋敷でドッキリ事件!?強大な魔術師協会の襲撃!』で、オビ謳い文句は『好奇心満点なエルフの勇者は使命(魔王討伐)の旅すら楽しみ尽くす!』になってた。

スケッチブックに、世界中のあらゆるものを記録する事が趣味の、エルフの勇者エコー。旅の途中で、オークの戦士ドーベルと、人間の王女であり、魔術師でもあるタバサを仲間に加え、魔王討伐の旅路をゆく。道中さまざまなお騒がせトラブルに遭遇するも、持ち前のスキルとチームワークで解決していくエコー達。一方その頃、全ての魔術師を統括する魔術師協会内では、過激派が主導権を握り、エコー達の旅路にも暗雲が立ち込め始めていた──! コミックス情報

なお、作者:南ゴゼン氏は、コミックス「国境の勇者エコー」2巻【AA】のカバー折り返しで『僕の個人的な好みとして、「冒険ものやロードムービーでは本筋とはやや離れた一話完結のエピソードを多めに見たい」というのがあります。エコーの旅にも尺が許すならば野球回やらB級映画回など寄り道を多めに挟んでいきたいところですね。温泉回や水着回もやりたい』、あとがきでは『今後も楽しんでもらえるよう、張り切ってやっていきます!』などを書かれている。

「国境の勇者エコー」2巻コミックス情報 / アルファポリス連載ページ

「なぁ…今日はもうこの辺で休まないかぁ?」

「やっぱりここは――」 「気味が悪いな…」

「私が来た事によってこの場の魔力が更に高まり…霊はより鮮明に」

「牧場が多くて畜産全般が盛んですから」
「あぁ…あんたがエコーさんかぁ」 「え!?」
「件のレイヴン派筆頭魔術師、レイヴンその人だ」
「入るための割符…まぁ鍵みたいなもんだな」
「この標が示す場所は――国境線…」
「大陸中央の巨大な不可侵領域、廃棄境」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています | Edit