2024年04月20日

レから始まる淫奔オナホの恋 「少女がサキュバスに淫紋を付けられて真の純愛を学ぶ」

サークル飯食って寝る。「レから始まる淫奔オナホの恋」 サークル飯食って寝る。のオリジナル同人誌『レから始まる淫奔オナホの恋』がメロン1号店に入荷していて、サークルさんのコメントでは『過去にレ◯プされたことのある女の子がサキュバスに淫紋をつけられ、色んな男の人と恋愛(セ◯クス)経験を経て真の純愛を学ぶ現代ファンタジーもの』とのこと。

サークル飯食って寝る。の同人誌「レから始まる淫奔オナホの恋」
サークル飯食って寝る。(あたげ氏)のCOMIC1☆24新刊、オリジナル同人誌
「レから始まる淫奔オナホの恋」入荷

メロンブックス秋葉原1号店

「ん゛っっ、あ゛あ゛っ〜〜んあ〜〜っあ゛っ…」
見知らぬ男にレ◯プされた少女・佐久間なる
「ん゛っっ、あ゛あ゛っ〜〜んあ〜〜っあ゛っ…」

「憐れなオナ狂いのマゾ豚」
5年間オナ狂いの末に死んだ“なる”を見つけたサキュバス
「意外にもセ◯クスは最初の一回だけ、憐れなオナ狂いのマゾ豚」

「お゛っ♥ おっ♥ おっ♥ ん゛ぉっお゛っ♥ んおっ、お゛っ♥」
サキュバスに淫紋をつけられ生き返り、ヤリまくる
「お゛っ♥ おっ♥ おっ♥ ん゛ぉっお゛っ♥ んおっ、お゛っ♥」

サークル飯食って寝る。(あたげ氏)のCOMIC1☆24新刊、オリジナル同人誌『レから始まる淫奔オナホの恋』が、メロンブックス秋葉原1号店に書店先行入荷してる。

あたげ氏はコミックLOなどで描かれ、大人向けコミックス「都合が良くて可愛いメス。」も出されている漫画家さんで、サークル飯食って寝る。では、オリジナル同人誌「人権を放棄しました。」「おいでよ!エルフの森牧場」なども出されている。

COMIC1☆24新刊のオリジナル同人誌『レから始まる淫奔オナホの恋』は、オナ狂いの末に死んだ少女・佐久間なるが、サキュバスに淫紋を付けられ生き返り、様々なエッチを重ねていくうちに下品に育っていくお話で、サークルさんのコメントでは『過去にレ◯プされたことのある女の子がサキュバスに淫紋をつけられ、色んな男の人と恋愛(セ◯クス)経験を経て真の純愛を学ぶ現代ファンタジーもの』などを書かれている。

なお、メロンブックス通販の紹介は『辺り一面が汁で塗れるほどに逝き狂い昇天した少女。ある意味彼女からしてはその死に方は幸せだったのだろうなとラリ顔を見て思ってしまう♪初めての経験で衝撃的な体験をしてしまったがために、その後の人生がすべて狂い。オ◯ニーしないと生きていけなくなる少女に興奮が止まりません☆淫紋が付与された新しい人生で沢山の男達と「純愛」を重ねていき幸せになる少女の人生が最高すぎる、実用性抜群の一冊をご堪能ください♪』などになってる。

メロンブックス通販「レから始まる淫奔オナホの恋」

「(登校時は毎日痴漢、学校では山谷の言いなり)」
「ふふ♥ 順調に下品に育ってるじゃない♥」
「このクソビッチが!」 「あんっ♥ やんっ♥」
「(この声…この肉体…手のぬくもり…)」
「お゛っ♥ おごっ♥ おっ♥ んおっ♥ んごっ♥」
「ん゛ぉほっっ♥」ビクッ♥ ビクッ♥ ビクッ♥


【関連記事】
おいでよ!エルフの森牧場 「家畜に堕とされたエルフたちがご奉仕」
ちんぽ狂い復讐者の末路 「おま◯こをぐちゅぐちゅに弄られ感じる痴態☆」
元気な娘も大人しい娘もチンポの前では結局のところ雌である。 「極太デカチ◯ポから逃れられることができるのか?(できない)」
チンポのでかさでしか男の価値が分からなくなった“雌穴” 「快感に目覚め、ご奉仕♪」
教祖様のこと、好き好きだ〜い好き 「可愛い少女が教祖様おっさんチン◯でよがる痴態」
メスガキ分からせ合同 「ませたメスガキ達に大人チ○ポの凄さを教え込む」
あたげ初単行本 都合が良くて可愛いメス 「メッチャどエロいロリ調教モノ!」
俺の妹が叔父さんの“嫁(オナホ)”になると言い出した!! 「パパのでかち◯ぽすごっ♥」
都合の良い楽しい異世界でクズ男の便利な雌になる 「最強少女がセッ◯スして悪堕ち」
「ティリオット女学園便所オナホ部 メスガキ編」 性処理道具になった生オナホ幼女
淫乱度・親愛度・屈服度もろバレで調教「天才少女でもばかみたいにえっちになります」
色んなおじさんとヤっちゃう娘 「幼い身体で男を楽しむドスケベロリータ」
サークル飯食って寝るのニュース - アキバBlog
あたげのニュース - アキバBlog

【関連リンク】
サークル飯食って寝る。 / あたげ氏のTwitter / pixiv / Fantia
レから始まる淫奔オナホの恋(pixiv)
コミ1のエロ本の表紙
メロンブックス通販「レから始まる淫奔オナホの恋」
とらのあな通販「レから始まる淫奔オナホの恋」



この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています | Edit