2024年05月14日

キラキラとギラギラ3巻 「一大イベント夏祭り。恋のタイマン勝負が始まる!?」

嵐田佐和子「キラキラとギラギラ」3巻 嵐田佐和子氏のコミックス「キラキラとギラギラ」3巻【AA】がアキバでは13日に発売になった。裏表紙は『極楽寺くんとの夏祭りデートを巡って、ルルと愛子が恋のバトル!』で、コミックス情報は『夏の一大イベント、夏祭り』、『恋のタイマン勝負が始まる――!』などになってる。

嵐田佐和子の漫画「キラキラとギラギラ」3巻
嵐田佐和子氏のコミックス「キラキラとギラギラ」3巻【AA】発売
「ドキドキの夏のイベントが始まる!」

「かわいいポピー」
生徒全員が劇画タッチの獄門高校に転校したルル
「わぁ、かわいいポピー」

「コソコソしてんじゃないよ」
「コソコソしてんじゃないよ、アタシは逃げも隠れもしないよ」

「果し状みたいだけど」
「七月十六日夜六時、獨路神社で待つ」 「(誘った、果たし状みたいだけど)」
ゲーマーズ本店
メロンブックス秋葉原1号店
アニメイト秋葉原2号館

嵐田佐和子氏がハルタで連載されているコミックス「キラキラとギラギラ」3巻【AA】が、アキバでは13日に発売になった(公式発売日は15日)。

『キラキラとギラギラ』は、第1巻発売時のコミックナタリーによると『少女マンガの世界から飛び出してきたような可憐な高校生・姫路ルルが転校した先は、生徒全員が劇画タッチの獄門高校だった。10年ぶりに再会したルルの幼なじみ・極楽寺禅もまた、変わり果てた姿になっていて…』から始まったお話。

今回発売になった「キラキラとギラギラ」3巻【AA】には、第15話から第22話と、おまけまんが「もしもこの世界にあれがあったら」を収録(もくじ)し、オビ謳い文句は『ドキドキの夏のイベントが始まる!』、『ふたりで行きたい夏祭り。けど…劇画世界の夏祭りはどこか変で…』、『懐かしくも新しい面白さ“異ジャンル転移”物語!』、裏表紙は『火花を散らす恋の三角関係』、『極楽寺くんとの夏祭りデートを巡って、ルルと愛子が恋のバトル!』だった。

恋は“画風の差”を超えられるのか?恋のタイマン勝負が始まる――!夏の一大イベント、夏祭り。禅を祭りに誘いたいルルだったが、その前にライバル・愛子が立ちはだかる!劇画の世界に転校してしまった少女の学園生活、第3巻! コミックス情報

また、「キラキラとギラギラ」3巻【AA】のハルタ公式Twitterの告知は『この恋は「画風の差」を超えられるのか?「歳の差」や「身分差」など、障壁を乗り越える恋愛作品は多々あれど、「画風差」の恋が読めるのはこの漫画だけ!3巻のメインは恋愛漫画の一大イベント夏祭り。恋のタイマン勝負が始まる!?』とのこと。

「キラキラとギラギラ」3巻コミックス情報 / 嵐田佐和子氏のTwitter

《デートのつもりで来た人》 《戦うつもりで来た人》

「な…なんだあのカップル」 「なんて“圧”だ」 「カタギじゃねーな」

「我らお祭り四天王との戦いは、まだまだこれからだ」
「(お祭り四天王…、お祭り四天王?)」

「私は最恐高校2年、“盆踊りの不動”。さぁ勝負です」
「(間違えなければ、ずっと踊っていられるのかな)」
「あの極楽寺くんが、雑魚相手にこんなに手こずるとは…」
「今日はありがとう。刺激的で楽しいデートだったよ」
「お面かぶってコソコソしてるようなやつは、アタシの敵じゃないね」
「いまからすこしだけ、時間ちょうだい」




この記事は商業誌 カテゴリーに含まれています | Edit