2024年05月20日

サークル超斬開 オナホ売りの少女 「体をオナホとリンクさせる魔法」

サークル超斬開「オナホ売りの少女」 サークル超斬開(TERテア氏)のオリジナル同人誌『オナホ売りの少女』がメロン秋葉原1号店に再入荷?していて、裏表紙は『少女は不感症の体質のせいで今まで一度も絶頂を体験したことがない。困り果てた少女に親切な友人が手を差し伸べた…少女は体をオナホとリンクさせる魔法を使い』などなど。

サークル超斬開の同人誌「オナホ売りの少女」
サークル超斬開のオリジナル同人誌 「オナホ売りの少女」

「魔法ができた」
「本の通りに、“おま◯こをオナホにリンクする”魔法ができた」

「こんな朝っぱらから使う人がいるなんて」
「ぅおぉ!?(びっくりした、こんな朝っぱらから使う人がいるなんて…)」

「電流が走ったみたい」
「(何が起きた!?これは!?電流が走ったみたい…!?)〜〜!?」

サークル超斬開(TERテア氏)が冬コミ(C103)で頒布されたオリジナル同人誌『オナホ売りの少女』が、メロンブックス秋葉原1号店に再入荷?してる。

同人誌『オナホ売りの少女』は巻末にキャラクター設定も収録した計52Pで、裏表紙は『「絶頂に関する魔法はない?」と魔法学院の少女は問う。少女は不感症の体質のせいで今まで一度も絶頂を体験したことがない。さらに現在制作中のポーションには制作者が絶頂した時の愛液が必要だった。そんな困り果てた少女に、 親切な友人が手を差し伸べた…少女は体をオナホとリンクさせる魔法を使い、友人によってオナホはおじさん達の元へと渡った。そして少女の身に思いもよらない形で奇跡が起きる…』だった。

また、サークルさんのコメントは『絶頂経験ゼロの魔女ルーナは、魔法薬の研究のために、友達がオススメした「オナホー共感」の魔法を試みました。彼女の生活は…予想外の絶頂でめちゃくちゃになってしまいました!そんな物語です』とのこと。

おま◯こをオナホとリンクさせる魔法を使ったら、何だか朝から身体の様子がおかしい!?扉越しに友達がいるのに勃起チ◯ポを挿れられ、アヘ顔を晒しながら激しく悶えちゃう♪ メロンブックス通販

なお、サークル超斬開TERテア氏は、同人誌『オナホ売りの少女』の後書きで、『今回は初めてオリジナル成人向け同人誌に挑戦しましたが、いかがでしょうか?ゼロからエッチな物語を作るのは、新鮮な体験でした。〜主人公がオナホによってパニックになるシーンを描くのは、特に力が入りました〜』などを書かれている。

サークル超斬開 / メロン通販「オナホ売りの少女」

「(これが…絶頂…??体おかしくなっちゃう♥)」
「(我慢しなきゃ!快感に耐えてまずは素材集めを…)」
「止めてもらわないと…んおおおぉ〜!」
「(そこ突いたらもう…!)〜〜♥」プシャッ
「ぅあ゙あ゙♥(浴室に入った瞬間また挿入された)」
「(一気に挿入ってきた♥)おほぉぉぉ♥」




この記事は同人誌 カテゴリーに含まれています | Edit